カシオ オシアナス 腕時計 メンズ クラシックライン ソーラー電波 チタン ブラック文字盤 OCW-T3000-1AJF CASIO 美品

0120-545-067

【美品】HARD BIRD フラットヘッド PC-01HB Pコート 40

【全品送料無料】 【専用】H&Y BalancerGND 1.2 100mm×150mm その他

【送料無料!】 本銘「勘次」 鉋/かんな/カンナ 刃幅63mm 寸八 大工道具/中古品

【全品送料無料】 【専用】H&Y BalancerGND 1.2 100mm×150mm その他

【全品送料無料】 【専用】H&Y BalancerGND 1.2 100mm×150mm その他

 

ソファ unico FELICE

 

まずは、入学金です。福島県立高校の入学金は5,650円です。ちなみに受験料は2,200円になっています。

 

次に、毎月かかる授業料について解説をしていきます。授業料は全日制の高校の場合、原則月額9,900円と決まっています。しかし、国から授業料にあてるための「就学支援金」として、国公私立問わず「市町村民税所得割額」が30万4,200円(年収910万円程度)未満の世帯に支援金の支給があります。この条件に当てはまる世帯の場合は、国から授業料を限度として「就学支援金」の支給があり、実質授業料は無料となります。

 

最後に、その他に必要な費用について解説していきます。高校によって異なりますが、以下のようなものに費用がかかります。 制服:平均7万円、体操服・体育館シューズ:平均1.5万円、上履き:平均3千円、教材費:平均5万円……。さらに、部活動を始める生徒さんであれば、部活動用のジャージ、部費、電車通学をされる生徒さんであれば、定期代、電車でなくても新しく自転車が必要になる生徒さんもいると思います。このタイミングで携帯電話を購入される方も多いですね。

 

また、実業系の高校ですと、これらに加えて実習にかかる費用や作業服なども重なるのでもっと負担が大きくなります。 県立高校は私立高校と比べると学費がかからないと思われがちですが、実はどこに進学することになったとしてもかなりまとまったお金が必要なのです。 総じて、高校入学前までに20万~30万以上の蓄えがあると安心でしょう。